calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recent trackback

last fm

maypon's Profile Page

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

泣く。

わたしがずっと追いかけ続けている
地元のミュージシャン、あかおかずのり。
わたしは勝手にアニキと呼んでいるのだけれど。


今日の夜、そのアニキのライブを久々に観た。


天神でアニキが唄っているときに出会って
はや12年くらい。
20代前半のわたしを知っている
数少ない人のうちのひとりでもある。


最初に昔の曲を披露してくれたのもあり
若かりし頃の自分、そしてアニキのことを思い出した。

そして、共通の友人
弟分であるくぼっちのことも。

彼のお姉さんと
わたしの名前が一文字同じ漢字が入っていることがきっかけだったかな?
そこから、自分が経験したことと彼が今まさに経験していることが同じだったり
彼の先輩がわたしの中学校の後輩だったりの縁もあり、
仲良くさせてもらった。


彼が亡くなったのは3月。
音楽友達からのメールだった。

葬儀には仕事を休んで参列して
後、何年か行われたくりみさんが主催する追悼ライブイベントのsadsmileには
最悪の体調の中繰り出して、途中で耐えきれなくなって音楽友達に車で送ってもらったこともあった。


アニキと昔の話をするときは必ず
くぼっちの名前が出てくる。

今日、やはり彼は会場に顔を出していたらしい(笑)
やはりか、やはり来たかー。

しばらく会いに行けてなくて
思い出しもしないでごめん。

そんなことも考えながら
ゆらゆらゆれていた。


ライブが終わった後
アニキとくぼっちのこととか話しつつ個人的な報告をしたら
ふいにぼろぼろと泣いてしまった。


ごくごく最近の繋がりの人には見せていないところもわかっていてくれるから
普通に「報告だよー」って話し始めたのに
だんだんと感情が溢れてきたのだろうか。

自分が意識してなかった
辛さ、苦しさが涙となって顔を出してきた。

いきなりのことでびっくりしただろうに
それを受け止めてくれたアニキの、
懐の深さに感謝。

そして
アニキの労いの言葉にまた、涙。


この12年間の辛さ、苦しさ。
一度は投げ出そうとしたけれど、
今までなんとかやってきて良かった。

そう思えた土曜日の夜。

スポンサーサイト

-  c.0  t.0